ペンダントライト オシャレな照明器具

スポンサードリンク             プライバシーポリシー

オシャレなカフェは、たいてい照明ペンダントライトです。自宅のお部屋も、このオシャレな
照明器具で演出してみてはいかがでしょうか。

天井に直接設置する照明はシーリングタイプと呼ばれていますが、ペンダントライトはこれとは違って、コードやチェーンで天井から吊り下げる照明です。 最近は、本当にさまざまなデザインのものがあります。
ライトシートで作られた北欧風の幾何学的
デザインのものは流行しているので目にした
こともあるのではないでしょうか。

シェードの種類も、ガラス、アクリル、木、
布などさまざまです。


シンプルなシャンデリア風のものや、ステンドグラスなどアンティーク風なものもあります。
こういったペンダントライトの設置場所としては、リビング・ダイニング・玄関ホール・吹き抜け・階段の
踊り場などが適しています。

おしゃれなデザインに目移りしてしまうのですが、買う時には、デザインばかりでなく実際に
使う時の明るさを考えて選んぶようにしましょう。

使ってみると、電球がむきだしのタイプではまぶしく感じたり、逆に、シェードで光がさえぎられて
暗くて手元が見えにくかったり、ということが無いように確認してから買うといいですね。

例えば、食卓は明るめの方がいい、リビングはリラックスできるように暗めでもいい、というように
設置する部屋によってどの程度の明るさ良いか考えたうえで決めることをおすすめします。

SPONSORED LINK


ペンダントライトに付ける白熱灯や蛍光灯、エコ電球

それから、ペンダントライトに付ける白熱灯や蛍光灯ですが、この選択によっても光の質が違いますので
雰囲気がまったく変わってきます。 最近は省エネブームで、エコ電球と呼ばれる電球型蛍光灯が
もてはやされていますが、本物の電球と、エコ電球の電球色を比べてみると光の質
かなり違うことに気付きます。

食卓では電球、つまり白熱灯のほうが料理がおいしそうにみえます。
また白熱灯は夕日の光と同じで人をリラックスさせる波長なので、リビングや寝室のような
リラックスのための空間には白熱灯がおすすめです。

電球とエコ電球をコスト面で比較すると、電球は価格は安いが短寿命、エコ電球の価格は
電球よりも10倍近く高いが長寿命です。
日々の電気代というランニングコストも含めて計算すると、エコ電球の方が安くなります。

このように、価格の面ではエコ電球が優れていますので、白熱灯にするか蛍光灯にするか、
光の質と価格を考えて選択してみるのがいいのではないでしょうか。

ペンダントライトの設置

ペンダントライトの設置ですが、引掛けシーリングという器具で簡単に出来ます。

天井の照明を付ける箇所に引掛けシーリングをはめ込んだら、フランジカバーを、包むようにつけて
引掛けシーリングを隠します。 そしてフランジカバーを固定したら完了です。

また、コードやチェーンの長さも調節出来ますので、好みの高さに設置することが出来るようになっています。

スポンサードリンク